編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

清水建設、作業所の記録写真を圧縮処理--帳票出力と画面表示の時間を3割減

NO BUDGET

2018-09-19 12:38

 清水建設は、オーシャンブリッジのデータ圧縮ソフト「NXPowerLite」を導入。ソフトウェア開発キット(SDK)を用いて検査業務支援システムに組み込んだ。オーシャンブリッジが9月13日に発表した。

 検査業務支援システムは、各作業所での検査記録や写真データを管理する役割を担っている。1つの作業所で写真が何十万枚、容量にして100GBを超えることもある。そのような作業所が全国に1月当たり70〜80カ所ある。

 記録写真の参照や写真を含む帳票作成/印刷の際、膨大な写真データを撮影時のサイズのままでやり取りすると、iPadで写真を参照する読み出し時間や、写真の含まれた帳票を出力する処理時間が長くなってしまうなど、システムに大きな負荷が掛かってしまう。

 現在は作業所からサーバに送られてくる写真データ(JPEGファイル)を10分ほどの間隔でチェックをし、NXPowerLiteで圧縮処理をしている。実際、検査業務支援システムでの処理時間を検証したところ、画面表示や帳票出力の処理時間がどちらも平均して約3割削減できたという。

検査業務支援システムのイメージ
検査業務支援システムのイメージ(出典:オーシャンブリッジ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]