清水建設、ファイル軽量化でアーカイブシステムのデータ容量を削減

NO BUDGET 2017年10月11日 12時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 清水建設は、竣工データを格納する全社共通のアーカイブシステムにファイル軽量化ソフトを採用した。オーシャンブリッジが10月6日に発表した。

 清水建設は、工期中の図面や契約書類、現場写真などプロジェクトに関するあらゆる竣工データを作業所ごとに保存していた。しかし、各作業所や担当部署で管理方法が異なっていた。また、プロジェクトに関する過去の情報や当時の書類を参照したいという要望があった。そこで、全社共通の仕組みとしてアーカイブシステムの構築を検討した。

 アーカイブシステムの構築に際しては、時間の経過とともにデータ量が増大していくため、ストレージ増設を繰り返すことになりコストがかさむという点が懸念されていた。そこで同社は、候補としていた各ベンダーへの提案依頼書に、「ファイル名や拡張子から明らかに不要なファイルを判別し、自動で削除するプログラムを組み込む」「ファイルそのものを軽量化するツールを組み込む」という内容の要件を明記して検討を進めた。

 その結果、ファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite」が候補に挙がった。OfficeやJPEG、PDFといったファイルの形式を変えることなく、最大で50分の1に軽量化できるとしている。ファイルサーバに格納されたファイルを一括で処理することも可能だ。ストレージ容量の不足を解消できるほか、ファイル容量が減るためバックアップやウイルススキャン、データ復旧の時間が短縮される。ネットワーク負荷やサーバ移行の負荷の軽減にもつながる。

 清水建設では、ファイルを軽量化しても顧客に提供する画像として問題ない品質であると判断した。アーカイブシステムの稼働から半年が経過が経過した段階で、平均30%のデータ削減ができており、アーカイブ用ストレージのデータ容量は計画通りに推移している状況だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算