編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

アクセンチュア、ブルーエアにクラウドベースのIoT/製造系基盤を提供

NO BUDGET

2021-01-08 14:43

 Accentureは、Unilever傘下で家庭や業務用の空気清浄機を製造しているBlueairに、クラウドベースのIoT基盤とデジタル技術を活用した製造基盤を提供した。

 Blueairは、このプラットフォームを使って細菌やウイルスを常時遮断するコネクテッド空気清浄機を開発、販売している。同製品は待機モードの状態でも細菌の侵入を遮断するという。

Blueairの空気清浄機「HealthProtect」(日本での製品名は Blueair Protect)
Blueairの空気清浄機「HealthProtect」(日本での製品名は Blueair Protect)

 Accentureは、Amazon Web Services(AWS)を利用してクラウド上にIoT基盤を構築しており、HealthProtectの利用者は、モバイルアプリや多言語の音声コマンド(日本では未対応)を使って室内の空気をリモートで管理し、フィルター交換が必要になると通知を受けることができる。また、機器のファームウェアはリモートでデバッグ、自動更新される。製造業のデジタル変革(DX)における専門知識を活用して、Blueair用にデジタル技術を活用した製造基盤を開発し、コネクテッド空気清浄機の組み立てや検品作業を自動化させた。

 Blueairでは、製造工程やアフターセールスがインテリジェント化され、新たなサービスを提供できるようになったとしている。Accentureでは、こうした取り組みにより、Blueairのビジネスモデルをさらに収益を上げるものへと進化させることができたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]