編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

SMBCグループ、共通の情報連携基盤に「MuleSoft」を採用

NO BUDGET

2021-01-27 16:32

 三井住友フィナンシャル(SMBC)グループは、共通の情報連携基盤として「MuleSoft Anypoint Platform」を採用した。セールスフォース・ドットコムが1月26日に発表した。今回の導入は、国内金融グループにおいて初の事例となるという。

 

 このプラットフォームは、クラウドサービスとオンプレミスシステムをシームレスにAPI連携することを可能にするインテグレーションプラットフォーム。セールスフォース・ドットコムの製品をはじめとしたさまざまなクラウドサービスを導入し、デジタル化施策を推進しているSMBCグループでは、今回の導入で、リアルタイムデータ連携の実現と、開発生産性向上によるクラウドサービス導入のスピードアップを目指している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]