編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
海外コメンタリー

オープンソーステクノロジーがもたらす価値はどれほどか--OpenForum Europe

Daphne Leprince-Ringuet (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-02-18 06:30

 オープンソースになじみのあるほとんどの開発者にとって、このテクノロジーの価値はかなり以前から実証されているはずだ。志を同じくする世界中のプログラマーによって開発された大量のオープンソースコードに対する貢献と、その無償利用の双方が可能になっていることによって、創造性とコミュニティーの連帯感が醸成される。そしてもちろんながら、アイデアの発案から具現化までの道が開かれることで、イノベーションを実現するための時間が大きく短縮される。

 しかし、オープンソースについて漠然とした知識しか持っていない多くの人々はたいていの場合、新製品の開発手段や、ビジネスモデルの運営手段としてこのテクノロジーが有効になるとは考えていない。オープンソースの普及活動を行う非営利団体OpenForum Europe(OFE)が最近実施したリサーチによると、こうした認識は欧州連合(EU)に毎年、数千億ユーロ規模の機会損失をもたらしているという。

 欧州委員会(EC)の依頼で実施されたこのリサーチでは、オープンソースエコシステムから得られる利点に関する理解が欧州では全般的に不足していることが示されている。欧州の起業家らの眼前には、膨大な量のオープンソースソフトウェアが横たわっているにもかかわらず、事業目的を達成するためにこのテクノロジーを利用している人は多くない状況だ。

 オープンソースがもたらす利点の大半は、コストとは無関係だ。それ故に定量化は一筋縄ではいかない。オープンソーステクノロジーの背後にある考え方は、ソースコードを無償にするとともに共有や改変を可能にしたエコシステムを構築することで、開発者がお互いのイノベーションを利用して新たな成果物を構築できるようにするというものだ。

 OFEの最高経営責任者(CEO)Sachiko Muto氏は米ZDNetに対して、「オープンソースには、少しばかり直感に反したところがある」と述べ、「無償のものを利用して現実的なビジネスモデルを作り上げ、収益を上げていく方法については、ほとんど理解されていない」と続けた。

 OFEのレポートでは、高名な経済学者に経済統計学の立場からオープンソースを語ってもらうことで、このテクノロジーの具体的な影響力に注目してもらおうとしている。オープンソーステクノロジーの性質と、その適用範囲の把握しにくさを考えた場合、これは学術的な課題となり得るはずだ。

 このプロジェクトのリーダーとして、イノベーションの経済に造詣が深い専門家であるKnut Blind氏に白羽の矢が立った。また、ハーバード・ビジネス・スクールの助教授であり、企業の生産性や国家の競争力に対するオープンソースソフトウェアの影響に関して類似の研究を実施した経験を持つFrank Nagle氏もプロジェクトに加わった。

 研究者らは、EU圏内の個人貢献者数とともに、彼らの総コミット数に着目する一方で、GDP(国内総生産)の伸びだけでなく、新たに立ち上げられた企業の数や、IT関連の仕事に就いている個人の数といった、テクノロジーの進歩を測る上での指標となるさまざまな経済的要素を集約することで成長モデルを作り上げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]