編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

TBS、グループ17社の会計システム刷新--領収書処理にAI OCR、証憑も電子化

藤代格 (編集部)

2021-02-25 07:15

 TBSホールディングス(港区、単体従業員数110人)は、グループ17社と活用する会計システムを刷新。

 放送、メディア業界への導入実績と機能要件の柔軟性から統合基幹業務システム(ERP)パッケージソフト「Biz∫(ビズインテグラル)」を採用し、「Amazon Web Services(AWS)」のクラウド環境上に構築したという。2020年11月から稼働、1月の四半期決算処理は完了済と説明している。2月24日、NTTデータ・ビズインテグラル(港区)、導入を支援したJSOL(中央区)などが発表した。

 人工知能(AI)を活用するOCRサービス「領収書Robota」を採用し、紙の領収書やレシート画像の読み取りが可能。立替精算伝票のほか、請求書払い、ギャラ支払い、購買といった多種多様な伝票に対応できるという。

 スマートフォンでの入力機能も実装し、現場での会計業務負荷を軽減したとしている。

 「intra-mart ワークフロー」の活用で、承認形態を紙伝票への押印から電子ワークフローへ変更。起票、承認作業を迅速化、ペーパーレス化し、領収書の電子帳簿保存法にも対応できるという。

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「DaTaStudio@WEB」の採用で、番組プロデューサーなどの制作現場社員へ、番組別損益状況の提供が可能。有価証券を管理できる「BTrex有価証券」も活用すると説明している。

DaTaStudio@WEBの概要イメージ(出典:DTS) DaTaStudio@WEBの概要イメージ(出典:DTS)
※クリックすると拡大画像が見られます

 JSOLは、大企業向けの大規模プロジェクト、メディア業界の実績などを理由に選定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]