編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

東京大学グリーンICTプロジェクトとNTT Com、建物空間の「デジタルツイン」実証

NO BUDGET

2021-03-26 07:00

 東京大学グリーンICTプロジェクト(GUTP)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、Smart Cityの実現に向けたデータ活用の取り組みとして、現実世界をデジタルデータで仮想的に再現する「デジタルツイン」の実証実験を開始した。

 実験では、建築物にかかわるBIM(Building Information Modeling)データや、センサーなどのIoT情報、位置情報などを提供する各種データ基盤を活用して、デジタルツインアプリケーション構築における技術課題やプロセスを検討する。

同実験のイメージ図(出典:GUTP、NTT Com)
同実験のイメージ図(出典:GUTP、NTT Com)

 GUTPはNTT Comと実証実験環境を構築し、試験的なデジタルツインアプリケーションを作成する。実際にBIMを用いたアプリケーションの構築を行うことで、最適な構築プロセスと手法に関する知見を蓄積し、標準化への提言に向けた取り組みを行う。

 さらに、作成したアプリケーションを用いて、実際にデジタルツイン空間上で、現実世界にある清掃ロボットを制御するなどの実験を、NTT Comの共創環境である「Smart City Lab(仮称)」で行う。

 NTT Comは、データの収集、蓄積、活用までを一元的に行う「Smart Data Platform」を提供しており、同サービスを活用したデジタルツインの社会実装を目指している。またGUTPでは、BIMをはじめとした建築物データの活用手法や、クラウドを用いたデジタルツインアプリケーションを構築するための研究開発を行っている。

 現在、デジタルツインアプリケーション構築において、標準化された手法やプロセスは確立されていないという。建築、設計、ビルサービスなどの分野から多くの企業/団体が参画する共創環境を実現するには、アプリケーション構築技術の標準化が急務とされている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]