編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

地方自治体向けにデータ基盤サービスを無償展開--エクスポリスや日本IBMらが連携

ZDNet Japan Staff

2021-03-29 14:26

 エクスポリスと東京電機大学、マクニカ、日本IBMは3月29日、各組織の連携を通じて、エクスポリスが地方自治体向けにデータやデータ関連サービスを提供するマーケットプレース「Anastasia」を展開すると発表した。4月からサービス利用自治体を募集し、8月から無償のベータサービスを提供する。

 Anastasiaは、自治体で施策が検討される農林水産や交通、環境・エネルギー、防災、まちづくりなどに関連するソリューションを掲載する。自治体向けソリューションを提供する地域公社や民間企業などと自治体のマッチングやソリューション売買、地域データの提供を可能にするとし、自治体は施策ノウハウなどを同様の課題に悩む自治体と共有することもできるとしている。

 エクスポリスは、2020年4~9月に長野県小谷村で水田の水位や鳥獣害の罠に設置したセンサーなどのデータを流通プラットフォームに連携させるなどの実証実験を行ったという。ここではデータ可視化と、IBMのグループ企業のThe Weather Companyの天候データを組み合わせて稲熱病を予測するソリューションを開発、地域課題流通マーケットプレースで掲載する取り組みを行ったという。

 Anastasiaはこうした成果を反映したもの。また、4月からはマクニカの自動運転ソリューション「Macnica Mobility Data Platform」とAnastasiaでのデータ連携やソリューションの提供検討も進める。地域住民の交通手段となる公共交通機関網の補完や二酸化炭素排出量に関する地域課題を持つ自治体向けソリューションとしてのAnastasia活用を目指す。

連携イメージ
連携イメージ

 エクスポリスと東京電機大学は、2021年1月から埼玉県横瀬町で、Anastasiaと政府のRESASデータを用いた地域分析機能やソリューションへのフィードバック機能、ユーザーインターフェースの実証実験を進めており、同町および別の自治体とソリューションや課題解決ノウハウのAnastasiaでの共有を検証するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]