「開発の民主化」導くローコード/ノーコード、8.5%が導入--2割が計画、検討 - (page 2)

藤代格 (編集部)

2021-04-13 07:15

 IDCは、ローコード/ノーコードプラットフォームフォームを“ドラッグ&ドロップによるビジュアルモデリングで、アプリケーションのデザインから開発、テスト、デプロイメント、実行、管理までのアプリケーションライフサイクル全体の統合環境を提供するソフトウェアまたはクラウドサービス”と定義。

 主な特徴をアプリケーション開発スキルが低い、またはほとんどない人材でもコーディングやデータモデル作成、ユーザーインターフェース(UI)設計などが開発できる点と説明している。

 例えば人事担当者が従業員情報を管理するアプリケーションを作る、総務担当者が申請手続きのアプリケーションを作るなどが可能。

 さまざまな従業員が業務の効率化や自動化をするためのアプリケーションを自分で開発できるようになることから、「開発の民主化」と表現している。

 主なベンダーにはOutSystems、Amazon Web Services、NTTデータイントラマート、Claris、Google、サイボウズ、ServiceNow、Salesforce.com、Microsofなどを挙げている。

 IDC Japanでソフトウェア&セキュリティのグループマネージャーを務める入谷光浩氏は「従業員1000人以上の企業では、2024年までに30%の従業員がローコード/ノーコードプラットフォームを活用してアプリケーションの開発や業務の自動化を担うようになる。新型コロナウイルス感染症の流行対応に向けた業務アプリケーションやテレワークの作業効率を高めるアプリケーションを業務の現場で担当者が開発する事例も多く見られ、開発の民主化が着実に進んでいる」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]