編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

サイボウズ「kintone」にみる「ノーコードアプリケーション開発ツール」の可能性とは

松岡功

2021-03-18 07:00

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、サイボウズが提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」を取り上げる。

神奈川県の新型コロナウイルス感染症対策に「kintone」採用

 サイボウズは先頃、新型コロナウイルス感染症対策として緊急医療体制「神奈川モデル」の一環として行われている「後方搬送」を円滑に実現するための基盤として、業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」が採用されたことを発表した。これにより、容態が回復した患者を重点医療機関から他の医療機関へ転院させる際の調整を効率化し、病床利用率低下に貢献できるとしている。

 新型コロナウイルス感染症による医療崩壊を防ぐ神奈川モデルでは、中等症、重症患者を診る医療機関を選別し、医療リソースを集約する方針を掲げた。しかし、陽性者数の増加に伴い、中等症、重症患者の容態が回復した後に、別の医療機関に搬送する「後方搬送」件数を増やさなければ、新規感染者の入院受け入れが難しいという状況になりつつあった。

 そこで、神奈川県では新型コロナウイルス感染症が軽快したものの引き続き入院が必要な患者の転院を円滑に進め、同感染症患者に対応する病床を有効に活用していくため、後方搬送の神奈川モデルを構築した。

 同モデルでは、県の後方支援病院確保チームが転院先となる医療機関への働きかけを行うとともに、後方搬送調整チームが医療機関間の転院の調整を支援することで、円滑な転院を実現している。kintoneは同モデルにおける後方搬送マッチングシステムとして活用されている。(図1

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]