編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

英財務省とイングランド銀行、デジタル通貨の可能性探る--タスクフォース立ち上げ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-04-23 17:16

 イングランド銀行(英中央銀行)と英財務省は、中央銀行が発行するデジタル通貨の創設について検討すると発表した。

 これで英国は、デジタル通貨の中央銀行による発行を検討する新たな国の1つになった。英国のRishi Sunak財務大臣は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を検討するタスクフォースについての発表が行われると、「Britcoinか?」とツイートした

 CBDCは比較的新しい種類のデジタル通貨だが、この種の通貨はビットコインのように分散的に処理されるわけではなく、リテール銀行に取って代わるものでもない。また、中央当局によって発行される通貨であり、必ずしも現金のように匿名性が担保されるとは限らない。

 中国はCBDCである「デジタル人民元」でこの分野の先頭を走っており、2014年より研究を開始している。

 イングランド銀行は、CBDCは「イングランド銀行が発行し、一般家庭や企業が利用できるデジタルマネー」であり、現金や銀行預金に取って代わるものではなく、それらと共存するものだと述べている

 しかし、イングランド銀行はデジタル通貨を導入する上での規制面の問題について検討しているにすぎないようだ。

 同行は、「政府とイングランド銀行は、まだ英国にCBDCを導入するかどうかを決定しておらず、今後幅広い利害関係者とメリット、リスク、実現性などについて意見交換していく」と述べている。

 そして、イングランド銀行と英財務省は、デジタル主権通貨であるCBDCが実際に導入された場合に関係機関が果たす役割などについて検討するタスクフォースを立ち上げた。

 CBDCは中央銀行の裏付けがある通貨であるため、ビットコインなどをはじめとする仮想通貨(暗号資産)が経験しているような大きな価格変動が起こることは考えにくい。

 スウェーデン国立銀行は、同国での現金使用の減少に対処する手段として2017年から「eクローナ(e-krona)」に関して模索するプロジェクトを開始している。しかしこれはまだ手始めだ。Bloombergは先週、スウェーデン国立銀行がCBDCを5年以内に導入することを検討していると報じた

 英国のタスクフォースは「英国のCBDCを導入する場合の目的、ユースケース、チャンス、リスクに関する調査をとりまとめる」ことになる。また、英国におけるユースケースに関する調査を行うとともに、国際的なCBDCの動向をうかがっていくという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]