NTT Com、制御システムのセキュリティリスク可視化技術を実証開始

ZDNET Japan Staff

2021-05-24 14:31

 NTTコミュニケーションズは5月24日、制御システムのセキュリティリスクを可視化する「OsecT(オーセクト)」技術の実証実験を7月1日に始めることを明らかにした。制御システムを保有する国内の製造およびインフラ事業者などの参加を見込む。

 OsecTでは、データ収集を担う「OsecTセンサー」を使用する。これは制御システムへの設定が不要で、既存の制御システムを稼働させたまま導入できる。センサーはデータの受け取りのみを行うため、運用後もCPUへの圧迫など制御システムに影響がなく、セキュリティリスクを可視化できるという。

 可視化するのは、制御システムを構成する機器や機器同士のネットワークの通信状況などになる。NTTセキュアプラットフォーム研究所が独自開発した異常検知技術を実装し、悪意あるコマンドを制御システムに送信する攻撃などのリスクを可視化する。これにより迅速対応できるとする。

 実証実験期間は2022年2月28日まで。実験でのトライアル提供における導入から運用までは無償になる。同社は2021年度中の商用化を目指すとしている。

イメージ
イメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]