編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

JTB、デスクトップ仮想化サービスでリモートワーク端末をデータレス化

NO BUDGET

2021-06-02 14:45

 JTBは、同社WEB販売部のリモートワーク環境に、アップデータが提供するデスクトップ仮想化サービス「Shadow Desktop」を導入した。

 これにより、動作レスポンスやノートPC側のウェブカメラが使えないなどのリモートワーク時のストレスが解消し、社内と変わらない業務環境を構築した。またリモート会議の運営も効率化され頻繁に実施されるようになったという。

Shadow Desktop導入前後の構成図
Shadow Desktop導入前後の構成図

 Shadow Desktopは、ユーザー端末をデータレス構成にしてセキュリティを確保でき、ユーザーは特別に意識せず従来通りの使い方でPCを使用できる。設定なども簡単で導入・運用コストもリーズナブルとなっているという。

 JTB Web販売部では新型コロナウイルス感染症の拡大対策として、リモートデスクトップの仕組みを導入した。しかし社員がリモートワーク環境に慣れるにつれて接続安定性、サービス障害などによりリモートでの業務が滞ってしまう状況が発生していた。そこで新しいソリューションの検討を開始し、今回の導入に至った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]