編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

GitHubのAIプログラミングツール「Copilot」、プレビュー版が提供開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-06-30 11:05

 MicrosoftとOpenAIが協力して、人工知能(AI)ペアプログラミングシステム「GitHub Copilot」を構築した。現在、「Visual Studio Code」の拡張機能としてプレビュー版が提供されている。プログラマーがより迅速に、より少ない作業でコードを書けるよう支援することを意図したものだとして、Microsoftが米国時間6月29日に発表した。

GitHub Copilot説明図
提供: Microsoft

 GitHub Copilotには、新しいAIシステム「OpenAI Codex」が採用されている。Microsoftは、AI技術を人類の役に立てることを目指す研究団体のOpenAIとこの数年間にさまざまなプロジェクトで協力しており、GitHub Copilotは最新の共同プロジェクトとなる。

 GitHubは、29日に公開したFAQで次のように述べた。「テクニカルプレビュー版が成功すれば、将来的に商用版のGitHub Copilotを構築する計画だ。人々がGitHub Copilotをどのように利用し、規模を拡大して運用するのに何が必要か、プレビュー版で情報を集めたい」

 GitHub Copilotは、多様なフレームワークとプログラミング言語に対応する。Microsoftによると、特に「Python」「JavaScript」「TypeScript」「Ruby」「Go」との相性が特に良いが、他の多くの言語でも使えるという。

 OpenAI Codexは、GitHubのパブリックレポジトリーにあるコードなど、公開されている多数のソースコードのほか、自然言語でもトレーニングされた。そのため、プログラミング言語と人間の言語の両方を理解できる。Copilotのエディター拡張は、Copilotサービスにコメントとコードを送信する。同サービスは、OpenAI Codexを利用して同期してから、コードの各行と関数全体を提案すると、MicrosoftはFAQで説明している。

 Microsoftは2019年、OpenAIに10億ドル(当時のレートで約1080億円)を投資した。その見返りに、OpenAIは「Azure」を利用して、Microsoftと新しいスーパーコンピューティング技術を共同開発することに尽力した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]