コロナ禍で増加したインサイドセールス--成功の秘訣は - (page 2)

藤代格 (編集部)

2021-07-05 07:15

 過去にアプローチした“休眠顧客”の状況を把握できているかを聞くと、全体の32.8%がアプローチできておらず、わからないと答えたという。

 また、把握できていると答えたうちの71.7%は「直近1年以内で、休眠顧客が競合と契約した」経験があると回答。39.9%は5件以上の経験があるとしている。

休眠顧客状況(出典:インターパーク) 休眠顧客状況(出典:インターパーク)
※クリックすると拡大画像が見られます

 アプローチ状況を社内で共有できているかを聞くと、インサイドセールス導入企業では48.1%が「75%以上共有できている」と回答したという。未導入企業では25%となり、約1.9倍の差があるとしている。

 また、「インサイドセールスで集めた情報を活用して受注につなげている」と回答したうちの61.8%が、顧客へのアプローチ状況を75%以上履歴に残し、社内で情報共有ができているという。

 インサイドセールスの成果を最大化するためには、顧客へのアプローチ情報を蓄積し、情報を共有することが重要と結論づけている。

顧客状況の社内共有率(出典:インターパーク) 顧客状況の社内共有率(出典:インターパーク)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]