Outlookのアクセシビリティにオプション--「Microsoft 365」更新動向【2106版】

阿久津良和

2021-07-06 07:15

 Microsoftが米国時間6月29日に更新した、Microsoft 365 Apps各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2016(ビルド 14131.20278)に更新したWindowsデスクトップ版の改善点は少ない。「Windows 11」の発表や「Windows 11 Insider Preview」の提供、7月15日から開催予定のオンラインイベント「Inspire 2021」を控えた判断だと思われる。

 Outlookはメール送信時に相手の可読性を担保するための「アクセシビリティチェック」機能を新たに搭載した。同機能はメール受信者いずれかが容易にアクセスできる内容か、暗い背景を使用してメッセージを作成したか、大勢に対象にしたメールを作成しているか、送信先に組織外の相手が含まれているか、重要度の高いメッセージを作成している場合に警告を発する。各条件はオプションの「簡単操作」から取捨選択可能だ。

 Outlookはこの他にも、不審なサインインをチェックするために最終サインイン日時と場所を示し、不正な行動を検出すると警告を発する機能、検索ボックス利用時に関連性の高いファイルを候補として提示する機能が加わっている。

 このままでは物足りないので、今後加わるであろう機能もいくつか紹介したい。Outlookは共有カレンダーの体験向上に務めている。同僚などメンバーのスケジュールを確認できる共有カレンダーの利便性は高い。

 だが、変更内容が即時に反映されないなど多くの改善点を抱えている。Microsoftはこれらの問題を解決するための改善方法を検証中だが、バージョン2103以降のOutlookはプレビューテストに参加できるので、関心をお持ちの方は試してほしい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]