編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

サーバーワークス、GCPに参入--韓Bespinと合弁、請求代行は5%オフ - (page 2)

阿久津良和

2021-08-18 07:15

 コンテナー管理サービス「Google Kubernetes Engine」(GKE)やマルチクラウドでのワークロードを管理する「Anthos」を活用したPaaS層の構築を支援する。

 また、Googleが提案するセキュリティモデル「BeyondCorp」に加えて「Gmail」を中心にしたオフィスソフト群「Google Workspace」を用いた社内システム環境の構築、AndroidをベースにしたPC「Chromebook」の提供や自社従業員のChromebook利用、クラウド型データウェアハウス(DWH)のBigQueryとビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Looker」を組み合わせたデータ解析基盤の提供を予定している。

G-genの特長 G-genの特長
※クリックすると拡大画像が見られます

 グーグル・クラウド・ジャパン パートナー事業本部 上級執行役員 石積尚幸氏はG-gen設立について「少し前は(サーバーワークスとBespin Globalが)結び付くのは想像もできなかった。だが、マルチクラウドの需要は高まっている。G-genが日本のキープレイヤーとして活躍するように支援したい」とコメントを寄せた。

 サーバーワークスの大石氏は「既成のサービスを組み合わせることで、迅速かつ安価に一般業務をカバーするファストSIの需要はコロナ禍で増加している。ITインフラの『ユニクロ』化。ファストSIを実現したい」と意欲を語った。

 国内市場でマルチクラウドの採用が増加するかとの質問については、「感覚的に(顧客が)単独のクラウドで完結するケースは少ない。クラウドプロバイダーの敵はオンプレミス。コロナ禍で物理的接触が制約される状況でも、ビジネス機会を増加させる意思は強く、今後は各クラウドサービスを組み合わせる世界が広がっていく」(大石氏)と予見した。

「ファストSI」のイメージ 「ファストSI」のイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]