編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

デルの第2四半期決算、商用PCなど好調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-27 10:10

 Dell Technologiesは米国時間8月26日、2022会計年度第2四半期決算(7月30日締め)を発表した。PC販売が好調で、クライアントソリューショングループ(CSG)が前年同期比27%増の売上高を記録した。

 第2四半期の売上高は前年同期比15%増の261億2000万ドル、純利益は8億8000万ドル(1株あたり1.05ドル)だった。また、非GAAPの1株あたり純利益は2.24ドルだった。

 アナリストらは同四半期の売上高を255億3000万ドル、非GAAPの1株あたり純利益を2.03ドルと予想していた。

 最高財務責任者(CFO)のTom Sweet氏によると、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の「Dell EMC VxRail」やオールフラッシュストレージの「Dell EMC PowerStore」といった法人向け製品でも著しい伸びが見られたという。

 全体的に見た場合、CSGが業績をけん引した。CSGの売上高は前年同期比27%増となる143億ドル、営業利益は9億9500万ドルだった。法人向けクライアントの売上高は前年同期比32%増の106億ドル、コンシューマー向けの売上高は前年同期比17%増の37億ドルだった。

 「Latitude」シリーズと「Precision」シリーズの販売が大きく伸びた。米国のPC市場は、ノートPCの人気が高まったことを受け、2021年第2四半期に出荷台数が前年同期比17%の伸びを記録している。

 同社はインフラ分野でも業績を伸ばした。インフラソリューショングループ(ISG)の売上高はマルチクラウド製品に対する堅調な需要を受け、前年同期比3%増の84億ドルとなった。サーバーおよびネットワーキング関連の売上高は6%の伸びを示した一方、ストレージの売上高は1%減となった。ISGグループの営業利益は9億7000万ドルだった。

 VMwareの第2四半期は、売上高が前年同期比8%増の31億4000万ドルだった。営業利益は、8億4900万ドルとなった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]