Office 365の不審メールの33%がフィッシング--エフセキュア

ZDNet Japan Staff

2021-09-13 06:30

 セキュリティベンダーのエフセキュアは、2021年上半期に「Microsoft Office 365」のユーザーから寄せられた不審なメールの分析結果の傾向を発表した。それによれば、33%が実際に悪意があるか、極めて疑わしいフィッシングだったという。

 同社では、Office 365の不審メール報告用プラグインを企業に提供しており、期間中にユーザーから依頼された20万通を分析した。1人のアクティブユーザーが平均均2.14通の分析を依頼していた。

 依頼理由の59%は「不審なリンクが含まれている」で、以下は「誤った/予期しない送信者からのもの」(54%)、「スパムの疑い」(37%)、「ソーシャルエンジニアリングの可能性」(34%)など。一方、フィッシングを見分けるポイントに挙げられがちな「不審な添付ファイル」は7%だった。

 同社によれば、2020年はメールがマルウェア感染ルートの半数以上を占めていたため、不審なメールを積極的に報告することが問題への有効な対応である一方、担当者の能力により分析に15分~1時間程度を要する課題があると指摘。同社は約20万通の99%を自動分析して33%を悪質メールと判定し、手作業で分析した1%についてはこのうちの67%が悪質メールと判断したという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]