編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

NECとスペインの大手通信事業者テレフォニカ、4カ国でOpen RANのプレ商用実証へ

NO BUDGET

2021-09-21 07:00

 NECとスペインの大手通信事業者のTelefonica(テレフォニカ)は、テレフォニカの主要市場であるスペイン、ドイツ、英国、ブラジルにおけるOpen RANのプレ商用実証に合意した。2022年に、4カ国合計800カ所以上に基地局を設置して商用展開することを目指す。

 テレフォニカは1月にOpen RANの優先的な展開にコミットする覚書へ署名しており、2025年までにモバイルネットワーク全体の50%をOpen RANベースで構築することを目標としている。

 これまでNECは、テレフォニカドイツ、テレフォニカUKと共にOpen RANの実証を進めてきた。今後は今回の合意に基づき、プライムシステムインテグレーターとして、テレフォニカグループのスペイン、ドイツ、英国、ブラジルの事業会社と共同でマルチベンダーによるOpen RANソリューションの実証を実施する。

 今回利用するOpen RANソリューションは、多様なパートナー企業のソフトウェアとハードウェア製品で構成される。NEC製品は、超多素子アンテナ(Massive MIMOアンテナ)を搭載した5G(第5世代移動通信システム)基地局装置の無線機(Radio Unit)などが活用される。

 両社は、スペイン・マドリッドに新設されたテレフォニカテクノロジー・オートメーションラボにおいて、最先端のOpen RAN技術やさまざまなユースケースの検証・導入を行う。英国に設置されたNECのOpen RANの事業開発拠点では、蓄積したノウハウを活用してマルチベンダーエコシステムの統合・検証を進めるとともに、革新的なユースケースをテレフォニカと開発する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]