KDDIら、渋谷と連動したメタバース1日貸し切りパッケージを提供

NO BUDGET

2021-11-30 13:53

 KDDIと一般社団法人渋谷未来デザインは、実在都市の渋谷と連携した都市連動型メタバースをイベント会場として1日貸し切り利用可能な「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ」の提供を開始した。料金は個別見積もり。

 同サービスでは、インターネット上に構成される仮想空間でのイベント開催時に必要な演出・配信・出演者のオリジナルアバター作成をパッケージ化し、音楽ライブやスポーツ観戦などのイベント主催者向けに提供する。

 メタバースは、従来のライブ配信より臨場感のあるコミュニケーションが可能な仮想空間で、顧客とのコミュニケーションツールとしてライブ配信などを活用する企業から注目されている。

 「バーチャル渋谷」は2020年5月に渋谷区公認の配信プラットフォームとして開設され、これまで「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」やサッカー日本代表戦のパブリックビューイング、総勢100組のアーティストによる音楽ライブなどのイベントを開催してきた。

 想定される同サービスの事例は、音楽ライブやスポーツイベントの中継、企業の商品やサービスのPRイベント、アーティストのファンミーティングなど。基本パッケージは会場、演出、スクリーン、音響、出演者アバター(1人)、映像配信、イベントの外部同時配信(YouTube、Twitterなど)。会場は用途に合わせた3ステージが用意されている。

 ミュージックステージでは空間や野外広告などのスペースにライブを盛り上げる演出効果を表示でき、ライブの様子を投影する複数のディスプレイが設置されている。スポーツステージは、パブリックビューイングなどに適しており、アバターを使って楽しめるアスレチックなどのミニゲームが設置されている。ノーマルステージは渋谷の街をリアルに再現したスタンダードなステージで、スクランブル交差点エリアのほか、ショッピングモール「MODI」前エリアへも往来が可能。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]