編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「ごみ捨ての概念を捨てる」--KDDI総合研究所、不要品のデータ化でアップサイクル促進

藤本和彦 (編集部)

2021-11-25 15:00

 KDDI総合研究所は、使われなくなった家具やインテリアなどを3Dデータ化し、サイバー空間上に集約することで、新しい価値を持つ製品への再生を手軽に行えるようにするプロジェクト「GOMISUTEBA」を11月25日から開始した。これは、循環型経済への移行やごみ問題の解決につながる「アップサイクル」を促進する取り組みになる。

 アップサイクルとは、日常生活などで不要になったもの、使われていないものに付加価値をつけて再生し、元の素材や製品よりも価値の高いものとして生まれ変わらせること。KDDI総合研究所 フューチャーデザイン2部門 部門長の小林亜令氏は同日の記者会見で、GOMISUTEBAプロジェクトを通じて「ごみを捨てるという概念を捨て、テクノロジーの活用によりアップサイクルのハードルを下げることで、誰もが当たり前に実践できる未来を目指す」とアピールした。

KDDI総合研究所 フューチャーデザイン2部門 部門長の小林亜令氏
KDDI総合研究所 フューチャーデザイン2部門 部門長の小林亜令氏

 昨今、循環型経済や環境負荷低減の観点において、ごみの排出を減らすライフスタイルへの注目が高まっている。今回のプロジェクトでは、家庭で保管され使われていない家具・インテリアなどの不要品をサイバー空間上にデータ化し、さまざまな人がアップサイクルできる基盤を構築することで、循環型経済への移行に貢献する。

 具体的には、サイバー空間では、3Dデータ化された不要品の情報を保管し、それらを組み合わせて新しいモノの設計を行い、完成品やそれを家に置いた状態のイメージを確認できる仕組みの構築を進める。また、フィジカル空間では、設計したモノの素材となる不要品を製造現場へ運搬し、組み立てる環境の構築を進めていく。

GOMISUTEBAが提案するアップライクルの工程
GOMISUTEBAが提案するアップライクルの工程

 アップサイクルの普及を妨げている要因は、素材となる不要品が各地に散在していること、製造工程が一般の生活者にとって難易度が高く実践しづらいこと、などが挙げられる。これらを解決するため、本プロジェクトが提案するアップサイクルの各工程において、下記に示す仕組みの検証や試作を開始した。

  1. 廃棄・回収:戸越銀座商店街(東京都品川区)において、生活者から不要となった家具を回収し、アップサイクル家具を試作
  2. 素材化・デジタル化:不要品を3Dデータ化し、さまざまな人が確認できる仕組みの検証として、KDDI総合研究所の「自由視点VR」を活用し、質感や色味、使用感が再現できているか、画面越しでも伝わるかなどを検証
  3. 製造:家具製造スキルを持たない生活者でも、手軽にアップサイクル活動に参加できる仕組みの1つとして、組み合わせる素材に依存しない「ジョイントモジュール」を3Dプリンターで試作
不用品の3Dデータ化
不用品の3Dデータ化
ジョイントモジュール
ジョイントモジュール

 今後の予定について、2021年度は、調査・応用研究拠点「KDDI research atelier」に取り組みの一部を体験できる環境を構築し、先進的なライフスタイルを実践している生活者やパートナー企業が参加するアップサイクルのワークショップを開催。2022年度には、3Dデータ化された素材をサイバー空間で組み合わせて家具・インテリアのデザインや製造を行う仕組みを構築し、戸越銀座商店街のような実フィールドにおいて、生活者が参加する実証実験を行う予定。

 また、販売・利用された家具・インテリアがメンテナンスにより長期間利用できる仕組みや、使われなくなった際に再度利用・活用できるような循環の仕組みの構築を目指していくという。

 KDDI総合研究所は併せて、動画解析と対話エージェントによる食習慣の改善に向けた研究の開始触覚技術で離れていても気持ちがつながるソファ型コミュニケーションシステム「Sync Sofa」の開発についても発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]