みんなの銀行、パロアルトのセキュリティ対策を導入

NO BUDGET

2022-02-02 06:00

 みんなの銀行は、自社のフルクラウドバンキングシステムに、パロアルトネットワークスの「Prisma Cloud」を導入した。パロアルトネットワークスとマクニカソリューションズが発表した。

 同行は、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の国内初のデジタルバンク。フルクラウドのバンキングシステムをゼロベースで構築しており、この環境では、マイクロサービスアーキテクチャーをベースとし、アプリケーションはコンテナー環境で構成され、Kubernetesで運用管理を行っている。

 今回の導入目的は、コンテナーおよびKubernetesクラスタ実行を含む、バンキングシステムのクラウドネイティブ環境全体のセキュリティ強化と可視化が挙げられている。

 Prisma Cloudは、パロアルトネットワークスのパートナー企業であるマクニカソリューションズの導入・設定支援のもと、バンキングシステムの本番環境において稼動している。導入後は、複数リージョンにまたがるクラウド全体のセキュリティを包括的に運用・監視できるようになり、脆弱性診断やインシデント発生時の原因究明も自動化されたため、運用管理の負荷も軽減している。

Prisma Cloud活用イメージ
Prisma Cloud活用イメージ

 導入においては、セキュリティリスクを軽減すべく、開発の初期段階からセキュリティを考慮する「シフトレフト」のアプローチであるDevSecOpsを実践した。稼動前のバンキングシステムや各アプリケーションにPrisma Cloudを組み込み、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリ)ツールと連携して開発を進めた。

 Prisma Cloudの機能では、ウェブサイトとスマートフォンアプリ環境を対象として、コンテナーイメージの脆弱性管理やコンプライアンス管理や、コンテナーおよびKubernetesクラスター実行環境で稼動するアプリケーションの挙動を監視するランタイム防御、アクセス制御といった機能が活用されている。これにより、インシデントの発生が抑えられ、クライドネイティブなバンキングシステム全体のセキュリティを高めている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]