ラック、パロアルト「Cortex Xpanse」提供--アタックサーフェス管理サービスを開始

NO BUDGET

2022-02-04 13:58

 ラックは、パロアルトネットワークスとの連携を強化する。IT資産を検知し、不審なネットワーク活動を監視することで迫りくる脅威を可視化するパロアルトネットワークスのアタックサーフェス管理(攻撃対象領域管理:ASM)ソリューション「Cortex Xpanse」を提供する。さらにラックのセキュリティ専門家による「アタックサーフェス管理サービス」の提供を開始する。

Cortex Xpanseの特長
Cortex Xpanseの特長

 クラウド型で提供されるサービスであるCortex Xpanseは、インターネット上のIT資産を調査・管理する。自動化されたアタックサーフェスプラットフォームとして、クラウドサービスやインターネット上にサービスを公開する自社運用サーバーなど、さまざまなデバイスと公開サービスを識別・調査してインベントリ(保有資産一覧)を作る。

 これらのインベントリに対し、サイバーリスクについての変化を示すデータを日々検出し、リスク評価を実施し、修復を進める。さらにリスクのある通信を注意喚起し、サプライヤーのリスクを評価する。これらの機能によりセキュリティ面で攻撃対象になるかを判断していく。

 Cortex Xpanseを活用することで、リモートデスクトップ、Telnet、シャドーIT、IT資産の増減、古いIPアドレスの記録、証明書の暗号化された弱点、未使用のDNS、関連するクラウド上のIT資産、脆弱なデバイス、テレワーカーによる誰もが使えるITスペースなどでリスクを特定・評価し、修復することが可能だ。

アタックサーフェス管理サービス
アタックサーフェス管理サービス

 ラックのアタックサーフェス管理サービスは、ラック社内にCortex Xpanseの専用窓口を用意し、サービス利用における相談に対応する。ラックが収集した危険度の高い脆弱性や新しい脆弱性が見つかった際に、その内容や必要な対策についてアドバイスする。Cortex Xpanseで脅威を見つける検索手法を提供することでユーザーの運用負荷軽減に寄与する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]