編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

住友生命、AI-OCR「Flax Scanner」導入--給付金請求手続きのデジタル化を推進

NO BUDGET

2022-01-11 10:49

 住友生命保険(住友生命)は、給付金請求手続きの簡素化、および給付金支払事務の効率化を目的にAI-OCR製品「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を導入した。同製品を提供するシナモンAIが発表した。

 AI-OCRは、人工知能(AI)を活用して手書きなどの文字を光学文字認識(OCR)処理する。Flax Scannerは、医療機関ごとに異なるフォームや内容が記載されている多様な診療明細書を読み取る技術を実現している。また、直近では、帳票や文書からの情報抽出技術にクエスチョンアンサリングアプローチを適用し新しいネットワーク構造を考案することで、従来の手法と比較し、精度向上と2〜5倍の処理速度向上を実現している。

AI-OCR活用の流れ
AI-OCR活用の流れ

 住友生命では、給付金請求に必要な診療明細書や領収証の記載内容をFlax Scannerで読み取ることで、より利便性の高いサービスの提供をめざす。

 同社ホームページの「お客さま専用ページ」や営業職員のタブレット端末を通じた給付金請求では、医療機関から発行される診療明細書を撮影・アップロードすることで、入院期間や手術名などをAI-OCRで読み取る。読み取った情報は契約者のパソコンやスマートフォンに反映する機能を搭載し、請求情報入力にかかる契約者の負担を軽減する。

 また、書類での給付金請求においても、住友生命でスキャンした診療明細書や領収証をAI-OCRで読み取ることで、これまで人手のかかっていた入力事務の削減も図る。これにより、給付金請求手続きの簡素化、支払事務効率化、給付金の着金早期化を推進できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]