編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

IIJ、「白井データセンターキャンパス」を拡張--2期棟を建設

NO BUDGET

2022-02-07 14:43

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、同社のデータセンター「白井データセンターキャンパス」(白井DCC)に、2期棟を増設することを決定した。2022年5月に着工し、2023年4月から運用する予定。

 2期棟は、エリア敷地面積が約8000平方メートル(白井DCC全体の敷地面積は約4万0000平方メートル)、設備収容は約1100ラック。空調方式は直接外気冷却方式、電気設備は三相4線式UPS、受電容量が10メガワット。

2期棟イメージ
2期棟イメージ

 千葉県白井市に設置されている白井DCCは、最新の省エネ技術や人工知能(AI)、ロボットによる運用自動化といった新しい技術を積極的に採用し、デジタルトランスフォーメーション(DX)、AIやIoTの本格普及による大規模なデジタルデータ処理のニーズに対応できるデータセンターとして、2019年5月に1期棟の稼働を開始している。

 2期棟では、IIJの各種ネットワークサービスやクラウドサービス設備と直結できることに加え、3月にはインターネットエクスチェンジ(IX)サービスであるJPNAP東京サービスの提供拠点が白井DCCに設置されることから、国内外のコンテンツ事業者やインターネット接続事業者との相互接続も可能となる。

 空調設備には、消費電力を削減する「外気冷却空調方式」と効率的に空調を搬送できる「壁吹き出し空調」を採用する。電気設備は三相4線式UPSを採用し、200ボルトを効率的に給電するとともに、リチウムイオン蓄電池を活用した空調電力のピークカット、ピークシフトによる電力需要の平準化も進める。カーボンニュートラルへの取り組みとしては、今後オンサイトメガソーラー発電設備の併設や、オフサイトの発電設備からの電力調達などにも取り組む。

 データセンターの設備巡回には、地上走行ロボットに加え、ドローンを利用した巡回の実証を進める。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)/ランブックオートメーション(RBA)基盤による業務自動化に加え、入館業務の無人化など、ロボットによるデータセンター運用業務のさらなる自動化を推進する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]