IT企業の年頭所感

次の30年もインターネットの技術分野でイニシアティブを--IIJ・勝社長

ZDNET Japan Staff

2022-01-17 06:00

 2022年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

インターネットイニシアティブ(IIJ) 代表取締役社長 勝栄二郎氏

 IIJは30周年を迎えます。創業当初から予測していた通り、今や全てのものがインターネットにつながり、全てのものがインターネットの上に構築される時代になってきました。そこでやりとりされるデータの質・量は、社会や企業の成長を左右するほど重要なものになっています。そして、IIJはまさにこのような社会を実現するために作られたインターネットの会社であります。

 世の中の変化が加速する中、私たちには、この時代の要請にきちんと応えるべく、社会のニーズを的確に捉え、それに最適なサービスを開発・提供し、運用し続ける責務があります。高品質なインターネット接続サービスを基本として、昨年第3世代のIaaSをリリースしたクラウドサービス、個人向け・法人向けの各種モバイルサービス、それらの安全な利活用に欠かせないセキュリティサービスなど、これまでの蓄積を糧にさらなる事業領域の拡大を図ってまいります。

 IT活用ニーズの高まりは今後も継続し、加速していくことが予想されます。それを支えるためにも、私たちは次の30年もインターネットの技術分野でイニシアティブを執り続け、真剣かつ情熱的な気持ちで事業を発展させていく所存です。これからも先進的な技術開発と信頼性の高いサービスの提供を通じて、国全体のIT化の促進に少しでも貢献できるよう努めてまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]