編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

サーバーの液体冷却でコンテナー型データセンターの消費電力を43%削減--KDDIらが実証

NO BUDGET

2022-04-01 11:28

 KDDI、三菱重工業、NECネッツエスアイは、液体でIT機器を冷却する液浸冷却装置を活用し、データセンターを小型コンテナーに収容して稼働させる実証実験を行った。同実証では、PUE1.7のデータセンターと比較して43%の消費電力削減と、PUE1.07のコンテナー型スモールデータセンターを実現した。3社が3月29日に発表した。

 PUE(Power Usage Effectiveness、電力使用効率)は、「データセンター全体の消費電力量(kWh)/IT機器の消費電力量(kWh)」という式で算出されるデータセンターのエネルギー効率を測る一般的な指標。値が小さいほど、データセンターのエネルギー効率が良いとされている。

 今回の実証では、2021年6月21日から三菱重工のYokohama Hardtech Hubで、50kVA相当のサーバーなどのIT機器と液浸冷却装置を12フィートのコンテナーに収容し、稼働させる実験を行った。設置が容易なコンテナー型スモールデータセンターで、設置する環境や条件を大きく緩和するほか、既存のデータセンターの処理を補完することができる。また、コンテナー型スモールデータセンターの成立性のほか、サーバーの冷却性能、エネルギー効率を検証した。

コンテナー型スモールデータセンター(左)と液浸冷却装置
コンテナー型スモールデータセンター(左)と液浸冷却装置
液体で機器を冷却する様子
液体で機器を冷却する様子

 サーバの冷却では、従来の空調空冷の代わりにオイル状の液体冷媒と外気を使用した。また小型データセンターの開発では、実装設計や小型装置の開発を行い、液浸冷却装置(液浸装置+ラジエーター)や外気冷却機構一式を12フィートの小型コンテナーに実装した。

 3社は今後、今回の実証のコンテナーの中で稼動させた液浸冷却装置を大規模なデータセンターへの導入に向け、4月1日からKDDI小山テクニカルセンターで試験運用していく。また、KDDIは2024年度中に液浸冷却装置の商用提供を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]