マネーフォワード、自社法人用資金管理サービスとクレジットカードとの連携を開始

NO BUDGET

2022-04-04 07:40

 マネーフォワードは、法人用資金管理サービス「Business Financial Management」(BFM)においてクレジットカードとの連携を開始した。

 BFMは、「マネーフォワードFintechプラットフォーム」のサービスとして、同社が金融機関の法人顧客に提供する法人用資金管理サービス。法人顧客はBFMを通じて、利用する複数金融機関の残高や入出金明細をリアルタイムに一元管理できる。また資金の状況が可視化されることにより即時に経営判断へつなげていくことが可能となる。

 今回の連携によって、クレジットカードの利用履歴や将来の引き落とし予定も自動で取得可能となり、企業が扱うより広範囲の資金情報をBFMで集約・管理することができる。

 クレジットカードを利用する企業は、クレジットカード会社ごとに発行される明細を確認する必要があり、リアルタイムに利用状況を確認できないという課題があった。

 今回の連携で、銀行口座の残高や入出金明細とともに、クレジットカードの利用履歴をリアルタイムで確認できることで、経理担当者は、予算の進捗状況の把握や口座残高の調整が容易になり、不正利用の早期把握も可能となる。

 また、連携したクレジットカードの利用履歴をCSVでダウンロードすることができるため、そのまま会計記帳にも活用可能だ。さらに、銀行口座からの引き落とし予定を入出金予定管理に反映させることができるため、資金繰り管理を簡易化できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]