IBM、マスターズのデジタル体験を支援--AI活用で選手の試合予測など提供

藤本和彦 (編集部)

2022-04-08 15:46

 米IBMは、ゴルフのメジャー選手権の一つ、マスターズ・トーナメントの公式デジタルパートナーとして、同大会のデジタル体験を支援している。2022年のトーナメントでは、マスターズに参戦する各ゴルファーの日々の試合予測を生成する「Projections with IBM Watson」を導入。天気、過去のパフォーマンス、経歴情報など22種類の学習データとフェアウェイ、グリーンといった40以上のコースゾーンを人工知能(AI)で分析する。

 この取り組みを担当するIBM Consultingチームは、選手の試合予測と洞察を作成するために、「IBM Watson Studio」のAutoAI機能を活用して、2016~2021年にわたる6年分のマスターズのデータを使ってAIモデルに学習させた。12万個を超えるゴルフショットのデータも含まれる。各選手の過去の成績や経歴と、コースゾーンの情報をそれぞれ考慮することで、例えば、それぞれの選手で最も見ごたえのあるホールや、全選手のコンディション、最高スコア、上位選手の最終成績などを予測する。

 IBMによると、同社は25年以上にわたってマスターズのデジタルパートナーを務めているという。マスターズは、IBMと協力してハイブリッドクラウドへの移行を進め、ワークロードを簡素化し、クラウドやAIといったテクノロジーを通じて新しい顧客体験を提供してきたとしている。

画像

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]