編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

藤沢市、AIで高齢者の様子を可視化するサービス導入--介護事業所で実証

NO BUDGET

2022-04-19 12:29

 神奈川県藤沢市と人工知能(AI)を活用した介護/福祉用具関連サービスの開発/販売事業を展開するエクサホームケアは、同社の歩行分析AIサービス「CareWiz トルト」を活用した共同実証事業を開始した。エクサホームケアの親会社であるエクサウィザーズが発表した。

 CareWiz トルトは、高齢者を支援する事業者(介護サービス事業者、医療機関、福祉用具供給事業者など)をAIでサポートするサービス。日常的に動画を撮ることで利用者の変化を可視化し、利用者や家族の満足度向上やスタッフ間で動画を通した意思疎通の円滑化を図る。

 実証事業では期間中、藤沢市に所属する介護事業所にCareWiz トルトを提供し、多職種連携に歩行解析と共有機能を活用する。これにより、同市における介護現場の間接業務の短縮に伴う直接ケアの拡充、在宅医療・介護サービスの質の向上を図る。これらが実現すると、介護事業所の情報連携コスト低下と利用者の健康状態維持を両立させることが可能となる。

 実証ではまず、同市内の介護サービス事業所における現状を把握するため、エクサホームケアと藤沢市の両者で必要な調査などを実施し、事業に参加する同市内の介護サービス事業者を選定する。さらに、事業に参加する介護サービス事業者に向けてCareWiz トルトを導入し、必要に応じて操作方法をレクチャーしながら現場で運用する。その後、事業の実施期間中に取得したデータの分析と効果検証を実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]