海外コメンタリー

データサイエンティストとエンジニア、役割のあり方--製薬大手ノバルティスのアプローチに学ぶ

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-05-20 06:30

 調査によれば、多くの企業は、大量に供給されるデータを実用的な情報に変えることに苦戦しているにも関わらず、それに必要な人材を獲得できていない

 一般には、この問題を解決するにはデータサイエンティストを雇う必要があると考えられており、このポストの空きを埋められる人材に対する需要はうなぎ上りになっている。確かに、データサイエンティストを名乗る人々を雇うこともこの問題を解決する1つの方法ではあるが、こうした役割が分かりにくく、数が少ない人材の獲得競争に加わる以外の解決策にたどり着く企業もある。

 IT業界を専門とする調査会社であるForrester Researchは、多くの企業がデータサイエンス人材の獲得に大きなリソースを割いているが、データサイエンティストがデータから価値を生み出すのに必要な、エンジニアリング面への投資がおろそかになっている場合があると5年前に警告している。実際、一部の企業は、このアンバランスを解消するための取り組みを始めているようだ。

 大手ライフサイエンス企業であるNovartisのデジタルデリバリー担当グローバル責任者を務めるLoic Giraud氏は、少し前までは人材獲得競争が大きな問題だったと認めている。しかし今では、その問題は小さくなっているという。

 「私は、今の状態は過熱しすぎだと思う」と同氏は言う。「2年前は、データサイエンティストを雇用するのが非常に難しかった」

 Giraud氏は、Novartisには約2000人のデータサイエンティストがいるが、今や人材獲得のための戦いは別の領域に移っており、これにはデータエンジニアリング人材の獲得や、ビジネスアナリストの能力向上などが含まれていると述べている。同氏はまた、ほかの企業もいずれ同様の結論に至るだろうと予想している。

 「私は、これ以上データサイエンティストに対する需要が増えるとは考えていない。今後は、ビジネスアナリストがデータサイエンスを行えるようにするための、使いやすい技術が増えるだろう」と同氏は言う。

 「実際、わが社でさえ、これ以上データサイエンティストを増やそうとはしていない。私たちは、多くの人が使えて、広くビジネスアナリストでもデータサイエンスができるようなソフトウェアソリューションを構築しようとしている」

 Novartisは、社内のビジネスアナリストが自社のデータを最大限に活用できるようにするために、フルスタックのエンジニアリングを担える人材の獲得に力を入れている。

 データサイエンティストがモデルを作って問題を解決するスキルを持っている一方で、データエンジニアはデータ源とデータアナリティクスの間に必要なインフラを構築して管理する能力を持っている。そのどちらも重要なのだが、データサイエンスに重点を置きすぎて、データエンジニアリングがおろそかになっているケースが多いことを示す証拠が増えている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]