海外コメンタリー

企業のオープンソース活動を支援するOpenInfraの「Directed Funding」

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-06-14 06:30

 今では、ほぼすべての主要なソフトウェアが、オープンソースの手法を用いて開発されている。オープンソースの概念は、ハードウェアの開発の世界も変えている。例えば、データセンターで使用するサーバーなどのハードウェアの設計を公開する「Open Compute Project」や、RISC-Vのチップがその例だ。そして最近開催された「OpenInfra Summit Berlin」では、Open Infrastructure Foundation(OpenInfra)が、オープンソースプロジェクトと関与したい企業を支援する仕組みである「Directed Funding」モデルを発表した。

 Directed Fundingは、ユーザーと開発者、企業にとって成功だと言えるオープンソースプロジェクトを生み出してきたOpenInfraの、確固たる実績に基づいて作られたモデルだ。このモデルは、特にオープンソースのIaaS(Infrastrucuture-as-a-Service)クラウド技術である「OpenStack」や、軽量の仮想マシン(VM)を使ったオープンソースのコンテナランタイムである「Kata Containers」、人気のある継続的インテグレーション(CI)サービスZuul」などで得られた教訓を参考に作られている。

 OpenInfraのエグゼクティブディレクターを務めるJonathan Bryce氏の説明によれば、Directed Fundingは、同組織がこれまでも用いてきた成功を収めた協調的なオープンソースに対するアプローチを、他のインフラプロジェクトでも利用できるようにするものだという。「この新しいDirected Fundingモデルを利用すれば、企業が、関心を持っているプロジェクトに直接投資し、Open Infrastructure Founcationからプロジェクト運営に関する支援を受けることができる」と述べている。

 このモデルを利用すれば、ビジネスに利用できるプロジェクトに直接資金を提供することができる。これは、オープンソースインフラプロジェクトに持続可能なコミュニティを構築できるということだ。そして、それを元にしてビジネスを構築することができる。

 その仕組みはどうなっているのだろうか。まず最初に押さえておくべきことは、OpenInfraは、オープンソースインフラプロジェクトにとって、中立で協力的なホームグランドだということだ。OpenInfraの手法は、持続性を確保するためのモデル(3つの力)協力の原則(4つのオープン性)、そして同組織が持っている、開発者、企業、運用事業者からなる大規模でオープンなインフラのネットワークによって支えられている。

 「3つの力」は、開発者、エンドユーザー、企業のことを指している。重要なのは、その3者のニーズや要件のバランスを取ることによって、全員が満足できる好循環を生み出すことだ。そう言うのは簡単だが、それを実行するのは難しい。

 しかしOpenInfraは、それを実行してきた。例えば、Ant GroupのシニアスタッフエンジニアであるXu Wang氏は、「私はKata Containersプロジェクトに5年関わってきたが、OpenInfra Foundationがこのプロジェクトの育成や、コントリビューターやユーザーのコミュニティの拡大に果たした役割について証言することができる。このモデルは確かに私たちのプロジェクトでうまく機能した。オープンソースプロジェクトの構築を成功させたい企業には、OpenInfraの提案を検討することを勧めたい」と述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]