サンドラッグ、統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームを導入

NO BUDGET

2022-06-13 11:13

 ドラッグストア大手のサンドラッグは、統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームの「Braze」を導入した。同製品を提供するBrazeが発表した。

 Brazeは、顧客データをリアルタイムに取り込み、処理し、文脈に応じて適切なクロスチャネルのマーケティングキャンペーンを組み立て、最適化できる。これにより顧客エンゲージメント戦略を継続的に進化させることができる。同製品はリテール・Eコマース、ファーストフード、メディア、エンターティメント、消費財業界の世界のトップブランド1300社以上に採用されている。

 サンドラッグはドラッグ事業、調剤薬事業、ディスカウントストア事業を全国44都道府県にある1250以上の店舗、ウェブ、アプリの販売チャネルを通じ展開している。

 同社は顧客の行動データをもとに、店舗、アプリ、Eコマースなどの複数のチャネルを通じて、すべての顧客一人一人に寄り添った顧客志向のコミュニケーションの実現をするために、Brazeを採用した。今後はオンライン・オフライン問わず、あらゆるチャネル接点で得られるデータをBrazeで統合し、顧客に的確にアプローチしてエンゲージメント向上をめざす。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]