電子契約「freeeサイン」のサイトビジット、サイボウズのオフィシャルパートナーに

河部恭紀 (編集部)

2022-06-21 12:20

 電子契約サービス「freeeサイン」を提供するサイトビジットは6月21日、サイボウズのオフィシャルパートナーに認定されたことを発表した。

 サイボウズのパートナープログラム「Cybozu Partner Network(CyPN)」は、サイボウズとパートナーでネットワークを形成し、より良いソリューションを顧客に提供することで、共に発展し、「チームワーク溢れる社会」を目指すためのもの。

 サイトビジットは、freeeサインとサイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」の連携サービス「freeeサイン for kintone」を2021年12月に提供している。freeeサイン for kintoneは、文書作成から送信、締結、保管・管理までをkintone上で一気通貫して行うことを可能にする。kintone上の顧客情報を用いてシームレスに文書送付・契約締結ができ、取引相手が文書の受領・署名を行うと、締結された文書はkintone上に自動保管される。

freeeサイン for kintone
freeeサイン for kintone

 freeeサイン for kintoneは、営業部門での申込書、人事部門での雇用契約書や秘密保持契約書(NDA)といった自社で定番の帳票・契約書締結を数多く抱えている場合に業務効率化を促進するという。サイトビジットは、「今後も本サービスを通じて、契約書をはじめとした文書業務の効率化を促進する」と述べる。

 サイボウズで執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長を務める栗山圭太氏は、同社がサイトビジットとオフィシャル パートナーとしての協業を開始し、freeeサインとkintoneが連携できることを歓迎するとし、freeeサイン for kintoneによって、契約書をはじめとする幅広い文書業務の効率化ニーズにより応じられるようになるとの考えを示した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]