編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ISID、自治体のスマートシティー実現に向けた都市OSソリューション提供

NO BUDGET

2022-07-05 13:09

 電通国際情報サービス(ISID)は、スマートシティーの実現に向けた都市OSソリューション「CIVILIOS」を全国の自治体向けに提供開始した。

 CIVILIOSは、内閣府が公表しているスマートシティーリファレンスアーキテクチャーに準拠した都市OSを構築するサービス。欧州発のオープンソースソフトウエア(OSS)「FIWARE」と電子政府化で先行するエストニア発のOSS「X-Road」を基にしている。

 CIVILIOSは、IoTセンサーデータや地理データなどオープンデータのプラットフォームであるFIWAREと、企業間のデータ連携や医療データなどセキュアデータのプラットフォームであるX-Roadをデータ連携基盤とし、パーソナルデータ管理、認証/ID管理、住民合意形成、分析ダッシュボードなどの機能群を搭載している。マルチクラウドでの提供が可能で、自治体ニーズに応じて最適な組み合わせで都市OSを構築できる。

 スマートシティーリファレンスアーキテクチャーでは、都市OSの構成要素を「サービス連携」「認証」「サービスマネジメント」「データマネジメント」「アセットマネジメント」「外部データ連携」「セキュリティ」「運用」に分類し、それぞれに必要となる個別機能要件を定義している。CIVILIOSはこれらの構成要素に準拠し、サービスレイヤー上の複数分野にわたる先端的サービスを柔軟に接続可能な都市OSを提供する。

 また2種類のOSSを組み合わせることで、公開の有無、フォーマット、リアルタイム性が異なる多種多様なデータを適切にコントロールできる。

 FIWAREとX-Road、各機能群は、クラウドネイティブなマイクロサービスアーキテクチャーで設計されている。マイクロサービスアーキテクチャーは、一つのアプリケーションが独立した複数のサービスで構成されているため、必要な機能を取捨選択するビルディングブロック方式によりスモールスタートで構築できる。また、変化するニーズに合わせて機能の追加や組み替えが容易で、柔軟かつ拡張性の高い都市OSを目指すことが可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]