編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
海外コメンタリー

スマートシティがランサムウェアの被害に遭うのは「時間の問題」--対策が急務に

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-09-07 06:30

 ランサムウェア攻撃は今後も悪化する一方であり、いずれは5G化されたスマートシティのインフラが被害を受けるだろう。米ZDNetのインタビューに答えたサイバーセキュリティ専門家はそのように警告した。

 ランサムウェア攻撃を仕掛けるサイバー犯罪者は、しばしば行政機関を標的にしている。これは、公共部門のIT予算が不足しており、ネットワークが攻撃に脆弱であるという理由だけではなく、そうしたネットワークが社会に必要不可欠なサービスの提供に使われているからだ。

 地方自治体の行政機関が身代金を支払ってネットワークの暗号化を解き、サービスを復旧させる例が出ていることで、行政機関は恐喝行為の格好の標的になっている。

 緊急通報対応や、運送、交通信号管理、CATVなどをはじめとする都市インフラは、より良く、より効率的なサービスを提供するために、データ収集のための5Gを使用したモノのインターネット(IoT)サービスやセンサーに接続される例が増えている。

 しかしネットワーク化された都市は、サービスを改善できる可能性がある一方で、IoTデバイスのセキュリティが低ければ、ランサムウェア攻撃の格好の対象になってしまう。現在のランサムウェアの状況を考えれば、そうした都市が攻撃を受けるのは時間の問題にすぎない。

 Fortalice Solutionsの最高経営責任者(CEO)であり、ホワイトハウスの元最高情報責任者(CIO)でもあるTheresa Payton氏は、米ZDNet Security Updateのインタビューに対して、「私は、今から2年以内に、5Gを使用したスマートシティがランサムウェアの被害を受けると予想している。そして今のところは、この予想が覆りそうだと思わせるようなことは起こっていない」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]