野村不動産ソリューションズ、AIチャットボットを導入--社内問い合わせを即時解決

寺島菜央 (編集部)

2022-08-16 14:54

 野村不動産ソリューションズは、社内のFAQ(よくある質問)システムとして、人工知能(AI)を活用したチャットボットサービス「OfficeBot」を導入した。同サービスを提供するネオスが8月16日に発表した。

 OfficeBotは、基本的なFAQを登録することで、独自開発のAIが予想される質問パターンを自動学習し、派生シナリオを生成するAIチャットボット。質問を自動予測して適切な回答を提示する会話AIや、回答が存在しない場合に他のユーザーから情報を収集し、学習するナレッジ(知識)集積機能、また業務改善に役立つデータ分析機能など、充実した機能を搭載している。

 今回、導入を決めた野村不動産ソリューションズは約1800人の従業員が在籍しており、人事や総務、経理、情報システムなどの社内問い合わせが多発していたという。各対応部門は、通常業務に加えて問い合わせ業務も担う必要があり、業務が逼迫(ひっぱく)していた。

 この課題を解決するため、OfficeBotを導入。各部門の問い合わせ窓口をボットへ集約・統合することで、ボットが一貫して問い合わせに対応する体制を構築した。これにより、社員からの質問に対して迅速な回答を可能にし、問い合わせ対応業務の効率化につなげるという。

OfficeBotの活用イメージ
OfficeBotの活用イメージ

 また、ボットへの導線を社内ポータルサイトに設置することで、使い慣れた業務ツールからの円滑な利用ができ、既存業務システムを生かした効率的なデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]