サッポロビール、Teamsで使えるAIチャットボットで社内問い合せを効率化

NO BUDGET

2022-02-24 10:01

 サッポロビールは、社内での問い合せ対応の効率化を目指し、JBCCの人工知能(AI)チャットボットサービス「CloudAIチャットボット」を導入した。JBCCが発表した。

 同社は、導入後に各部署のIT担当者が協働して利用状況や従業員からの要望を共有し、これまで以上に質問およびその回答集(FAQ)を充実させることができたという。現在は約4000件のFAQを蓄積しており、1000人を超える利用者からの日々の問い合わせに役立てている。なお、更新内容をFAQサイトから自動的にチャットボットへ反映する仕組みだ。また、ユーザーの声をアンケートで収集し、実態に即した対策を講じて、利用者の6割が問い合せでのストレスが軽減されたと回答しているという。

AIチャットボットサービスの利用イメージ
AIチャットボットサービスの利用イメージ

 CloudAIチャットボットは、Microsoft Teamsと連携するクラウドサービス。サッポロビールは、Microsoft Teamsを社内で活用しており、社員にとって身近なツールから気軽に問い合せできるチャットボット機能を求めていた。

 CloudAIチャットボットはSaaS型ですぐに使い始められ、サッポロビールは、高精度検索が可能なことも評価している。導入では既存のFAQサイトとチャットボットのRPA(業務プロセス自動処理プログラム)との連携が重要なポイントだったという。サッポロビール主体での構築をJBCCが支援して、1週間で実装し、FAQナレッジ管理の効率化を実現している。

 FAQサイトは、16の管理部署の担当者が日々メンテナンスしている。約4000件のFAQをRPAが定期的にCSV形式のファイルで一括ダウンロードし、特定フォルダに格納している。さらに、これらをCloudAI チャットボットに読み込ませ、コンテンツの書き換えと学習を行う。また、FAQの他に社内マニュアルなどの文書検索も可能で、手間なく回答充実を実現しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]