編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

サッポロビールと日本IBM、AIを利用した商品開発システムを実装へ

ZDNet Japan Staff

2021-11-04 16:34

 サッポロビールは、日本IBMと人工知能(AI)技術を活用した商品レシピ作成のテスト運用を行い、その結果を踏まえて2022年に実装すべく協議を進めていくと発表した。熟練技術によるRTD(栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料)商品の開発のデジタル化を目指している。

 サッポロビールでは、140年以上の歴史における熟練技術の伝承において、技術習得に長い時間を費やすことが課題であるとし、今回はRTDの新商品開発のデジタル化を目標としてAIを用いた開発商品レシピの作成をテスト運用した。日本IBMは、サッポロビール内に蓄積されたデータの分析とAI予測エンジンの導入を支援したという。

 この取り組みにおけるシステムでは、まず過去のレシピの官能評価データと採用された香料の特徴に関する情報をAIに学習させた。その上で立案した新商品のコンセプトから香味の特徴と、目標とするプロファイルを入力。AIが学習したデータを分析し、目標とするコンセプトや香味プロファイルに合致するレシピ(推奨配合骨格と推奨香料)を出力する。

 テスト運用では、出力結果のレシピから作成した試作品が立案しているコンセプトに合致した良好な香味であることを確認。レシピの検討時間も従来の半分以下に短縮されたという。

 こうした結果を踏まえ、新システムで熟練技術の伝承と新商品のレシピの効率的な考案が実現されるほか、膨大な配合データを用いた新たな味づくりなど、従来の手法では困難な、人では思いつかないような創造性を伴う商品レシピの開発も期待されるとしている。

取り組みのイメージ(出典:サッポロビール)
取り組みのイメージ(出典:サッポロビール)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]