編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「Chromebook」で仮想デスクトップを使用するには--タスク別にアプリを整理

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-08-18 07:45

 「ChromeOS」は進化を遂げ、「Chromebook」はウェブブラウザーをホストするだけのOSよりもはるかに高度なものになった。ChromeOSの近年のアップデートにより、同プラットフォームはほかのOSと同等のユーザービリティーと柔軟性、生産性を備えるようになっている。「Linux」アプリ「Android」アプリをインストールして、ほかのOSのいくつかの機能を利用することも可能だ。

提供:June Wan/ZDNet
提供:June Wan/ZDNet

 そうした機能の1つが仮想デスクトップだ。

仮想デスクトップとはどんなものなのか

 「手順」を説明する前に、「機能の内容」と「使用すべき理由」について解説しておこう。まず、仮想デスクトップ(「デスク」とも呼ばれる)とは、どんなものなのだろうか。簡単に言えば、デスクトップを複数のワークスペースに分割して、ワークフローをより効果的に整理できるようにする機能だ。これらのワークスペースはお互いに分離されていないため、アプリケーションをワークスペース間で移動させることが可能だ。ChromeOSでは、最大8個の仮想デスクトップを使用して、さまざまなものをより効果的に整理できる。

なぜ仮想デスクトップを使用すべきなのか

 アプリケーションやブラウザーのウィンドウ/タブをあまりにも多く開きすぎて、わけが分からなくなってしまった、という経験はないだろうか。そうなると、生産性が大幅に低下する。複数のモニターがある環境でも、デスクトップが1つしかないと、かなりの制限がある。

 仮想デスクトップを使用すると、生産性、ソーシャルメディア、コミュニケーション、ニュースなど、必要なあらゆるカテゴリーのデスクトップを作成できる。仮想デスクトップを作成したら、特定のタスクのためにアプリ(またはウェブブラウザーのウィンドウ/タブ)をグループ化することが可能だ。

 例えば、筆者なら、“生産性デスク”には、関連タブが開かれたChromeウェブブラウザーのウィンドウ、開発用のLinuxターミナル、PDFアノテーターを配置するかもしれない。“ソーシャルメディアデスク”には、すべてのソーシャルメディアサイトが開かれたChromeウィンドウを配置するかもしれない。(必要な仮想デスクトップの数が8個を超えない限り)可能性は無限大だ。

 それでは、どうすればこれらの仮想デスクトップを作成して使用することができるのだろうか。ここでは、(「Dev」チャンネルの)「ChromeOS 105.0.5195.5」を使って説明を進める。

新しい仮想デスクトップを作成する方法

1. 仮想デスクトップにアクセスする

 仮想デスクトップにアクセスする方法はいくつかあるが、本記事では2つの方法を紹介する。1つ目は、キーボードの「概要」ボタン(正方形の右側に2本の縦線が引かれたボタン。「[]||」のように見える)を押す方法だ。2つ目は、デバイスのトラックパッドを3本指で上にスワイプする方法である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]