編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

日立ソリューションズ・クリエイト、「工場セキュリティソリューション」にOT資産の統合管理オプションを追加

NO BUDGET

2022-08-29 07:35

 日立ソリューションズ・クリエイトは、同社が提供する「工場セキュリティソリューション」にSkyの「SKYSEA Client View」を連携させた。これによりOT(Operational Technology)資産の管理やセキュリティポリシーの管理など統合的な管理を実現するオプションを追加ラインアップした。

 同ソリューションにおいて、「制御システム脅威検知ソリューション」ではネットワークへの負荷や生産プロセスへの影響を抑制しながらネットワーク上の資産の稼働状況を可視化する。また「標的型攻撃対策ソリューション」では従来の検知型対策製品で検知することができない未知のマルウェアを含め、悪意のある不正プログラムの実行を防止する。

 工場セキュリティソリューションは、コンサルティングから導入後のIoT機器の設定見直しなどの運用まで、ワンストップで支援することで、製造現場のセキュリティ強化に貢献する。

工場セキュリティソリューション
工場セキュリティソリューション

 SKYSEA Client Viewは、オフィス内のIT資産のセキュリティ対策(ログ管理、不正操作注意表示、端末機制限・制御)や資産管理を行うソフトウェア。

制御システム脅威検知ソリューション(SKYSEA Client View連携オプション)
制御システム脅威検知ソリューション(SKYSEA Client View連携オプション)

 工場セキュリティソリューションにSKYSEA Client Viewを組み合わせ、制御システム脅威検知ソリューションと標的型攻撃対策ソリューションに新しい機能を追加した。

 制御システム脅威検知ソリューションの新しい連携オプションでは、工場内のネットワークに接続された資産は自動的に検出され、SKYSEA Client Viewへ登録される。OT資産へのエージェントインストールが不要なため、ネットワークへの負荷や生産プロセスへの影響を抑制しながら、有線・無線を問わず、ネットワークに接続された資産を漏れなく管理し、運用負担を軽減できる。

標的型攻撃対策ソリューション(SKYSEA Client View連携オプション)
標的型攻撃対策ソリューション(SKYSEA Client View連携オプション)

 またSKYSEA Client Viewから標的型攻撃対策ソリューションが導入されているすべての資産へポリシー設定を一括配信することで、セキュリティポリシーの徹底管理が可能となる。OT資産のポリシー管理を容易にすることで工場内のセキュリティガバナンスを強化し、事業の継続に貢献できる。

 各連携オプションの利用価格は個別見積もり。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]