編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

パナソニック、「AI倫理原則」を発表--グループ全体での順守を推進

寺島菜央 (編集部)

2022-08-29 14:48

 パナソニックホールディングス(パナソニックHD)は、人工知能(AI)の開発、運用、利用や活用において順守すべき「パナソニックグループのAI倫理原則」を策定した。同社が8月29日に発表した。

 同社はこの原則で、1.「『より良いくらしとより良い社会』を実現すること」、2.「安全のための設計、開発、検証を行うこと」、3.「人権と公平性を尊重すること」、4.「透明性と説明責任を重視すること」、5.「お客様のプライバシーを保護すること」の5つを規定している。

 具体的には、AI製品やサービスが顧客や社会、環境に与える影響を事前に考慮した上で、「顧客の生活や社会、環境がより良くなる見込みがある場合に製品やサービスを提供する」ことや、製品を提供するに当たり、「人々の多様性を尊重し、不公正な影響が生じないよう努める」などの内容を盛り込んだ。

 パナソニックグループは、家電・住宅や自動車、企業間取引ソリューションなどの事業領域で、暮らしや社会の課題を解決する革新的な製品やサービスを提供するため、AIの研究や開発、運用に注力していると説明する。

 同社は、近年に不適切なAIの利用による差別の助長やプライバシーの侵害、安全性への不安など、AI倫理上の課題が社会的に問題視されていることを鑑み、顧客に同社のAI製品やサービスを信頼して利用してもらうべく責任あるAIの活用を実践するため、グループ全体での順守すべきAI倫理原則を定めたという。

 同社では、策定したAI倫理原則をグループ全体で実践するためにAI倫理委員会を設置し、開発現場でのAI倫理リスクチェックや、グループの全従業員を対象にしたAI倫理教育を推進していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]