編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

丸紅、IT関連の社内問い合わせをAIチャットボットで自動化

寺島菜央 (編集部)

2022-08-30 09:38

 丸紅の社会産業・金融グループは、人工知能(AI)を活用したチャットボット「HUE チャットボット」を導入し、7月に利用を開始した。同製品を提供するワークスアプリケーションズが8月29日に発表した。

 HUE チャットボットは、290万語の語彙(ごい)を持つ自然言語処理辞書「SudachiDict」を搭載しており、ユーザーは事前に用意する問い合わせ対応のためのFAQ(よくある質問)を削減できるなどのメリットがあるという。

 ワークスアプリケーションズによれば、製品を導入した丸紅の社会産業・金融グループでは、月に100件程度のIT関連の社内問い合わせがあり、サポートセンターや社内常駐の専任担当者が対応していた。問い合わせ内容は似たものが多く、4カ月の間に来た約360件のうち6割強がFAQだったという。丸紅の社会産業・金融グループでは、チャットボットによる回答の自動化で、年間540時間の業務工数の削減効果が得られると試算した。

 そこで2021年にいったん別製品を導入したが、FAQのメンテナンスに工数がかかることが判明し、FAQの改善が容易なHUE チャットボットにサービスを切り替えた。ワークスアプリケーションズは、HUE チャットボットについて、運用に必要な情報の登録やメンテナンスなどの管理画面の操作性にこだわって開発していると説明。プログラミングスキルがなくても直感的なユーザーインターフェース(UI)から簡単に操作できるようにしているという。

直感的に操作できる回答候補の調整機能
直感的に操作できる回答候補の調整機能

 丸紅の社会産業・金融グループでは、質問者がFAQを利用する際にフリーワード検索ですぐに回答にたどり着けるため、質問者とのコミュニケーションが効率的になったという。

 ほかにも、管理者権限を細かく設定できるため、カテゴリーごとに管理者を設定して権限管理ができる点を評価した。現在はIT関連のFAQを社会産業・金融グループで管理をしているが、総務に関連するFAQを扱う際は権限を分けてそれぞれの部門で管理できるため、誤って担当外の項目を変更してしまうといったミスを防げるとしている。

 同社ではまず、グループ内での利用率向上と蓄積された利用データを基にした回答精度の向上を目指すという。また、今後はIT関連の問い合わせだけでなく、その他のバックオフィス関連の社内問い合わせへの展開も予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]