編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
調査

データ活用で全社的に十分な成果を得ている日本企業は2.2%--ガートナー調査

NO BUDGET

2022-10-07 16:11

 ガートナージャパンは10月6日、日本企業のデータ活用に関する調査結果を発表した。これによると、日本企業のほとんどがデータ活用で全社的な成果を得るまで至っていないことが明らかになった。

 自社のデータ活用で得ている成果に対する評価を聞いたところ、「全社的に十分な成果を得ている」との回答は2.2%にとどまり、ほとんどの企業では全社的な成果を得るまで至っていないことが明らかになった。一方で、自社の一部も含めて「ある程度」の成果を得ていると回答した割合は、合わせて78.8%だった。

 調査は2022年7月に実施された。回答者自身のデータ活用に対する取り組み姿勢と所属する組織自社の取り組み姿勢については、自身が「非常に積極的」であるとした回答者が19.0%だったのに対し、自社が「非常に積極的」とした回答者は8.3%だった。

 また自身のデータ活用の取り組みに対して、積極的あるいは消極的と評価する理由について複数回答で聞いたところ、積極的な理由の上位3項目には、「データが意思決定に役立つ」(71.7%)、「ビジネス状況を把握できる」(68.6%)、「関係者への説得力が向上する」(65.9%)が挙げられた。一方、消極的な理由の上位3項目は、「必要なデータが手に入らない」(60.6%)、「スキルが不足している」(54.5%)、「周囲が消極的」(36.4%)だった。

データ活用に関する、自社の従業員教育・資格制度の状況
データ活用に関する、自社の従業員教育・資格制度の状況

 調査では、データ活用に関する自社の従業員教育や資格制度の状況についても聞いている。その結果、半数強の組織が何かしらの教育環境や制度を持っていたが、「教育や資格制度、手当はない」を選択した組織が43.6%で最多だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]