トヨタ、自動車の生産順序の組み合わせに量子着想技術を適用開始

ZDNet Japan Staff

2022-10-21 14:56

 トヨタ自動車は、富士通の量子インスパイアード(着想)技術「デジタルアニーラ」を自動車の生産順序の組み合わせ最適化に適用する。富士通とトヨタシステムズが10月21日に発表した。

 富士通とトヨタシステムズは、膨大な組み合わせが生じる自動車の生産順序の最適化にデジタルアニーラを活用する取り組みを進めてきたといい、このほどトヨタ自動車の堤工場で新たな車両生産指示システムを稼働させた。自動車生産におけるデジタルアニーラの適用は国内初としている。

 車両生産指示システムに適用するのは、デジタルアニーラの第3世代以降に実装している独自技術の「制約処理技術」で、生産現場の業務知見と富士通研究所の定式化技術で、実業務における複雑な制約条件を等式や不等式で表現するという。

 これによりトヨタ自動車は、生産の変動に迅速に対応したり、作業者の負荷を軽減したりできるという。今後はトヨタ自動車様の国内の他工場に展開し、将来的に海外工場への展開を目指していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]