編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

NVIDIAとマイクロソフト、クラウドベースのAIスパコンを構築へ

Kourtnee Jackson (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)

2022-11-17 11:12

 半導体メーカーのNVIDIAは米国時間11月16日、大規模なクラウドベースのAIスーパーコンピューターの構築でMicrosoftと提携すると発表した。複数年にわたるコラボレーションだという。

NVIDIAとMicrosoftのロゴ
提供:James Martin/CNET

 このコンピューターは、Microsoftのクラウドコンピューティングシステム「Azure」と、NVIDIAの「A100」「H100」GPU、「Quantum-2 InfiniBand」ネットワーク、「NVIDIA AI Enterprise」ソフトウェアを統合したものになる。NVIDIAの先進的なAIスタックを組み込んだ「初のパブリッククラウド」になるという。

 NVIDIAは14日、AzureがQuantum-2 InfiniBandを先行採用することを明らかにしていた。Quantum-2は高速なデータ分析やシミュレーションのためのネットワークを実現するプラットフォームだ。A100とH100はNVIDIAの強力なプロセッサーであり、科学研究や製造業などさまざまな用途に利用できる。

 今回構築予定のAIスーパーコンピューターはAzureの仮想マシンを活用して、コード、テキスト、動画、画像といった新たなコンテンツの生成能力をマシンに与える、高度なジェネレーティブAIの進化を加速させるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]