編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

凸版印刷、複数の異種ロボットで人物認識を可能にするAIシステムを開発

藤本和彦 (編集部)

2022-11-21 14:54

 凸版印刷は、複数の異なる種類のサービスロボットを一元管理・制御するデジタルツインソリューション「TransBots」に、人工知能(AI)を用いた人物認識機能を追加した。複数台の走行するロボットを介して、事前に画像を登録した人物の認識が可能になる。

 少子高齢化に伴い、労働力不足が社会問題となり、特に警備や清掃など施設管理業界では深刻な人手不足が慢性化してきている。その解決策の一つとして、ロボットやITの活用が注目され、受付や清掃などさまざまな業務に特化したロボットが導入され始めている。しかし、このように種類が異なるロボットは各々で制御しなければならず、ロボットの管理が煩雑になってきている。また、病院や複合施設などのビル管理や展示会、コンサートなどの入場管理では、監視カメラなどのIoT機器が活用されているが、広い範囲を人や固定した監視カメラで監視することには限界があり、ロボット活用の期待が高まっている。

 TransBotsは、多機能コンソールを通してオペレーターが仮想現実(VR)空間上にロボットの走行コースを設定すると、実空間のロボットが連動して動く仕組みとなっている。実際のロボットは現在の自己位置を認識し、指定されたコース上の障害物を検知したり、ロボットからの音声で周囲に安全を促したりして、目的場所まで安全に自律走行する。走行コースの設定やロボット操作などはVR空間を使うことで、遠隔で行うことが可能である。

 TransBotsの多機能コンソールに追加された人物認識機能は、対象エリア内に事前に登録した人物が入場した際に、走行している複数台のロボットがその人物の認識を行う。同機能により、遠隔で病院や複合施設などの管理、入場制限が設けられた展示会やコンサートなど大規模イベント会場の管理など、さまざまな活用が期待される。搬送ロボットや移動型ピッキングロボットなど多様なサービスロボットへの応用も可能としている。

TransBotsとAIによる人物認識機能のイメージ図(出典:凸版印刷)
TransBotsとAIによる人物認識機能のイメージ図(出典:凸版印刷)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]