編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

浦和レッズと凸版、メタバースにファン向け空間開設--3Dアバターで選手を再現

大場みのり (編集部)

2022-07-26 11:03

 浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)と凸版印刷は、浦和レッズのクラブ設立30周年を記念し、「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」(以下、ファンワールド)をメタバース上に開設する(図1)。凸版印刷が7月25日に発表した。7月29日から提供し、終了時期は未定。

図1:REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPANのイメージ
図1:REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPANのイメージ

 ファンワールドはクラスターのメタバースプラットフォーム「cluster」で提供され、凸版印刷が空間をプロデュースする。ユーザーは仮想現実(VR)デバイスやスマートフォン、PCから参加でき、利用するデバイスにclusterのアプリをインストール後、アカウントを作成して参加する。

 ファンワールドでは、浦和レッズが過去の大会で獲得したトロフィーや歴代ユニフォームなどを3次元(3D)で再現し、参加者はこれらの展示物を間近で見られる。メタバースでの開催により、時間や場所に関係なく浦和レッズの30年にわたる歴史を堪能できるとしている。

 参加者には浦和レッズのユニフォームをアバターアイテムとして用意し、それを着てメタバース空間内に入れる(図2)。参加者同士でコミュニケーションを取ることもでき、浦和レッズへの思いを共有できるという。

図2:ユニフォームを着た参加者のアバター
図2:ユニフォームを着た参加者のアバター

 凸版印刷の「MetaCloneアバター」を活用し、浦和レッズの現役選手も3Dアバターで再現する(図3)。同サービスでは、1枚の選手の写真からリアルなアバターを自動生成し、着用ユニフォームもCGで忠実に再現するという。浦和レッズと凸版印刷は、アバター同士でコミュニケーションを取るイベントなどを予定しており、メタバース空間ならではの体験を提供するとしている。

図3:選手の3Dアバター
図3:選手の3Dアバター

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]