KDDIら3社、物流DXで業務提携--ベンダーフリーな倉庫自動化ソリューションを提供へ

NO BUDGET

2022-12-01 16:18

 椿本チエイン、椿本マシナリー、KDDIの3社は11月30日、物流倉庫内の省人化やコスト削減、生産性向上に向けて業務提携した。3社は、多様なメーカーや機器に対応したベンダーフリーな「倉庫自動化ソリューション」を提供し、物流業界のデジタル変革(DX)を推進していく。

 倉庫自動化では、1つの作業をマテハン機器 (モノの搬送・仕分け・保管などの物流業務を効率化するために用いられる機器や設備) やロボットで置き換えるだけでは効果が限定的となる。大きな効果を発揮するには、人の業務を含めた全体工程の自動化による省人化やコスト削減が鍵となる。

 全体工程を自動化するには、工程ごとにメーカーの枠にとらわれない最適な機器を導入する必要があるが、従来型のソリューションでは、ユーザーが選択できるメーカーや機器が限定されることが一般的だった。

倉庫自動化ソリューションのイメージ
倉庫自動化ソリューションのイメージ

 椿本チエインは、長年にわたりモノの搬送・仕分け・保管などを担う自動化システムを開発し、国内外に多くの納入実績がある。椿本マシナリーは機械商社として、ベンダーフリーの発想で顧客に最適な機器を選定・納入するなどのエンジニアリング事業を展開している。

 KDDIは、クラウドサービスソリューションなどの構築力、セキュリティインフラ構築からシステムの統合監視、対応窓口一元化を実現する保守・運用監視体制、開発体制を提供できる。

 これらの知見や技術を掛け合わせ、倉庫自動化ソリューションをワンストップで提供するとともに、倉庫自動化における検討・導入プロセスや運用監視の複雑さや課題の解決に取り組む。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]